【桷志田オンラインショップ リニュ―アルに際してのお知らせ】
旧 桷志田(かくいだ)オンラインラインショップ会員登録がお済のお客様へ

オンラインショップのリニューアルに伴い、旧オンラインショップのパスワードがご使用になれません。
皆様には大変お手数をおかけしますが、下記ページの「ログイン」ボタンの下、
「パスワードをお忘れの方はこちら」をクリックして、パスワード再登録手続きをお願いいたします。
パスワード再登録はこちら
引き続き、桷志田オンラインショップのご愛顧を宜しくお願い申し上げます。

全商品から探す

定休日カレンダー

2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

※ 日曜・祝日は定休日です。

  • 桷志田 企業情報サイト
  • 黒酢レストラン 黒酢本舗 桷志田
  • 桷志田のワイン
  • 福山黒酢 桷志田LINE@
 

人気黒酢ランキング

季節限定商品 お早目に
(パイナップルとパッションフルーツ絶賛販売中)

生フルーツ黒酢 パッションフルーツ
生フルーツ黒酢 パッションフルーツ
2,570円(税込)
[生フルーツ黒酢]
生フルーツ黒酢 パイナップル
生フルーツ黒酢 パイナップル
2,570円(税込)
[生フルーツ黒酢]
赤シソ黒酢
赤シソ黒酢
2,570円(税込)
[生フルーツ黒酢]

お客様の声

炭酸で割ったり、ヨーグルトにかけて食べたりしています。

りんご黒酢を購入しました。TVで深い眠りにつくことができると聞いて早速試してみました。今飲み始めて3日目ですが、眠りにつきやすく、朝もスッキリ目覚めることができます。これからも使い続けたいと思います。

鹿児島県薩摩川内市 下園様(20代 女性)

黒酢を飲むようになってからコレステロールが正常値に戻りました。

薬を服用しても下がらず医師から食事に気を付け、運動するよう毎回注意されていました。黒酢を飲むようになってからは、別に何かをしたわけではなく正常値です。本当にありがたいです。

岩手県久慈市 勝田様(60代 女性)

夕食後、黒酢10mlに粉末抹茶小さじ1と蜂蜜と牛乳200cc混ぜて飲む。

黒酢を飲み始めて4年が過ぎようとしています。何が変わったが一番驚いているのは全く風邪をひかなくなりました。そして高めだった血圧も正常値に戻り、大変助かっております。この先も飲み続けようと思っています。

北海道札幌市 中島様(60代 女性)

桷志田黒酢でいつもリンゴ黒酢を作って愛飲しています。

黒酢を愛飲させて頂いて体調管理がうまく出来ていると思います。毎朝起きています。黒酢リンゴを30ml水で薄めて飲みます。夏はちょっと疲れているときにもう一杯、、、不思議に思う事は胃の働き、慢性胃炎が治りました。朝から身体がちゃんと働きますので元気です。自分で作るリンゴ黒酢で自分の元気の源を作っていると思っています。桷志田訪問が私の健康作りのキッカケになったと思い、感謝しています。

広島県山県郡 佐々木様(60代 女性)

黒酢のお湯割り。何でも料理にかけています。

不定期ではありますが飲み始め1ヶ月。最近体重が減り始めしました。酢は食欲UPと言いますが、食前に飲んでも差し支えありません。心なしか食事でも満足感がわき、腹7分目で充分になりました。

鹿児島県南九州市 龍崎様(30代 女性)

「お客様の声」をもっと見る

黒酢の使い方

「黒酢は飲みにくい」の常識を覆す、美味しい黒酢

飲みやすく美味しい黒酢

桷志田の黒酢は、は当醸造所が“国内最高峰”の自信をもってお届けする玄米黒酢です。黒酢独特の匂いと味に馴染めない方も多いと聞きます。 良質な玄米と麹、霧島市福山町の湧水、そして当醸造所独自の伝統製法によって造られた「桷志田」は、水で割るだけで風味と香りを美味しく味わえる、稀有な玄米黒酢です。 桷志田の黒酢には、美肌効果や脳の学習や記憶などに関与する神経伝達作用、ホルモン分泌制御などの機能がある、D−アミノ酸を豊富に含んでいます。 桷志田の黒酢を飲むときは、必ずお水で10〜25倍に薄め、黒酢の風味と旨み、まろやかな香りを存分にお楽しみください。 また、炭酸割りや果実ジュースのちょい足しなどでも楽しめます。

お料理やデザートのアクセント

黒酢を使った料理

「桷志田」は、独自の特許製法により、従来の黒酢と比べ、まろやかな風味と味わいを持つ黒酢です。 そのまろやかさは、代表的なお酢をつかった料理である、酢豚(すぶた)を筆頭に、和食・洋食・中華料理の様々な料理の味付けに深い味わいと旨みをもたらします。 また、桷志田の黒酢はD−アミノ酸を豊富に含むため、サラダのドレッシングやお漬物に使うと、さらにヘルシーにお料理を楽しめます。 変わったところでは、餃子のタレとしてや、カレーのスパイスの一部としてお使い頂いたりと、お客さまのアイディアひとつで、日々のお料理のアクセントとしてお使いいただけます。

日本初の黒酢レストラン

黒酢レストラン内観

2005年10月1日、従来の黒酢醸造に対するイメージに縛られず、さらに進化した黒酢文化を発信するため、壷畑見学・お食事・ショッピングの3つを融合した日本初の黒酢レストランをオープンいたしました。 レストランのお料理には、すべて黒酢「桷志田」を使用。旬の素材や、「桷志田有機菜園」で採れた新鮮な有機野菜をふんだんに使用した、ランチコースを月替わりでご提供しております。 鹿児島のシンボルでもある桜島、錦江湾や壷畑などを眺めながらゆっくりとお食事ができる、くつろぎと癒しの空間です。

黒酢レストラン「黒酢本舗 桷志田」をもっと見る

桷志田 黒酢へのこだわり

"桷志田(かくいだ)"とは、清冽な水が湧き出る福山の土地に、江戸時代の上級武士が開いたとされる「隠し田んぼ」から転じた「角志田」と呼ばれる地名が残っており、それが「桷志田(かくいだ)」の名前の由来となりました。 老練な匠、杜氏赤池力の造る玄米黒酢は、伝統製法によってしっかりと熟成・発酵が行われた高貴な味わいのある逸品です。
私たちはこの黒酢に尊敬の念を込めて"桷志田(かくいだ)"という名を冠しました。

  • 伝統製法へのこだわり

    伝統製法へのこだわり

    黒酢造りに携わる職人を"黒酢杜氏(くろずとうじ)"と呼んでいます。当醸造元では全商品を黒酢杜氏が責任醸造しており、鹿児島県霧島市福山町の最古参の黒酢職人の一人です。頑なに伝統製法にこだわり続けるその黒酢造りは、「アマン壷」と呼ばれる仕込み用の壷に、蒸した米、麹、水を入れ、その後、壷の液体の表面にフタをするように乾燥麹を均一に振りまく「振り麹」を行います。その壷は屋外に並べられ、昼の太陽、夜の冷気にさらし、じっくりと根気よく壷の中だけで発酵熟成させていきます。仕込みが終わると、自身でこの壷を一壷一壷丹念に覗き点検していく毎日を送ります。その理由は壷にもし雑菌が入ってしまうと適切な発酵が行われず、黒酢自体ができないからです。きちんと黒酢として発酵が進んでいるか、良い黒酢に育っているかを炎天下の日も、杜氏自らが行います。このような伝統的な製法と、それを守り続ける黒酢杜氏が"桷志田"の味を支えています。

  • 熟成期間へのこだわり

    熟成期間へのこだわり

    黒酢を黒酢たらしめるのは、発酵熟成期間。この熟成期間は長ければ長いほど、色が濃くなり風味も深くなります。当醸造元がこだわるのは、まさにこの熟成期間。機械を使った米酢造りでは、温度や湿度を管理した環境で発酵熟成させるので、短期間での製造が可能ですが、福山では屋外に置かれたアマン壷だけで発酵熟成させます。現在市販されている一般的な黒酢の発酵熟成期間は約6ヶ月〜1年が一般的です。しかし、当醸造元ではその2倍以上の「3年以上」をかけて熟成させています。信楽焼のアマン壺は、黒酢を大量に作るためではなく、長期に渡る発酵熟成期間を堅持するためのもの。大量生産が求められる時代に逆行するような製法ですが、それが“桷志田”の味を、他の黒酢とは全く異なるものにしています。

  • 原材料へのこだわり

    "桷志田"は現在考えられる最高の原材料だけを使用して造られています。これは美味しさを追求するためであるのはもちろん、それによって造られた黒酢を口にする方への安全を考えてのことです。

    1. 良質な玄米のみを使用しています

      玄米の胚芽には旨み成分であるアミノ酸が含まれています。この黒酢の味を左右する玄米は、当醸造所独自で仕入れた特別な玄米を使用しています。

    2. 鹿児島特有のシラス台地で濾過された湧き水を使用

      霧島市福山町は水の少ない土地柄なのですが、当醸造所には自然の湧水がコンコンと湧き出しており、その水を使用しております。この水の水質は軟水(硬度30)で"桷志田"独特の「口当たりの良さ」と「まろやかさ」を生み出しています。

    3. 美味しい黒酢造りに欠かせない最高の麹

      黒酢杜氏“赤池力”の家系は福山町では由緒正しい“麹屋”を営んでおり、美味しい黒酢を造るために、醸造過程で半分を占める発酵を重視し、試行錯誤して選択した"最高の麹"を使用しています。